予防接種- なかじま内科(呼吸器内科・アレルギー科・循環器内科)

阪神御影駅北出口より徒歩2分

阪神御影駅北出口より徒歩2分

電話078-851-1857

診療案内

  1. トップ>
  2. 診療案内>
  3. 予防接種

予防接種

予約が必要ですので、お電話または受付にてお問い合わせ下さい。

肺炎球菌ワクチン(成人)

インフルエンザワクチンを接種したら、肺炎球菌ワクチンも重要です!

日本呼吸器学会成人肺炎診療ガイドライン2017では、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンはセット(同時期に)接種することを強く推奨しています。

社会の高齢化で、肺炎で亡くなる方が増えています。肺炎は日本の死亡原因の第3位で、亡くなる方の約95%は65歳以上です。肺炎球菌は肺炎の主な原因菌のひとつで、原因菌全体の約4分の1を占めます。強毒であるために重症化しやすいのが特徴です。そのため高齢者、中でも慢性の呼吸器疾患(気管支喘息、COPD、間質性肺炎、気管支拡張症など)、循環器疾患、糖尿病をお持ちの方に、肺炎球菌ワクチンによる予防が推奨されています。

肺炎球菌ワクチンの接種プラン(PDFが開きます)

肺炎は日本人の死因の第3位

ニューモバックス
(従来のワクチン)
プレべナー13
(新しいワクチン)
対象 2歳以上で肺炎球菌による
重篤疾患に罹患する危険性が高い方
65歳以上の成人
含まれる抗原の種類 23種類 13種類
抗体を作らせる力 比較的弱い 強い
効果の持続 5年間以上 長い
再接種の必要性 2回目まで5年おき 不要(原則、生涯1回のみ)
公的助成の有無 定期対象者 なし
接種価格 任意接種:8,000円
定期接種:4,000円
任意接種:

9,500円

当院での実施参考価格です。

比較的安価で提供

インフルエンザワクチン【期間:2017年10月15日から2018年1月31日まで

ワクチン量
確保
報道などで今シーズンの各医療機関へのワクチン供給量低下が懸念されていますが、当院では例年と同程度のワクチン量を確保しています。
2017.10.1

2017/2018シーズンのワクチン製造株

A型
A/シンガポール/GP1908/2015 (IVR-180) (H1N1) pdm09
A/香港/4801/2014 (X-263) (H3N2)
B型
B/プーケット/3073/2013 (山形系統)
B/テキサス/2/2013 (ビクトリア系統)
1. 高齢者インフルエンザ予防接種
【対象者】
神戸市内に居住する65才以上の方
神戸市内に居住する60~64才で身体障害者手帳1級および同程度以上の方
【料金】
1回目:1,500円
2回目の接種ご希望の方は 2,500円
2. 推奨インフルエンザ予防接種
【対象者】
神戸市内に居住する満1歳~64才の方
当院では原則6才以上(小学生以上)を対象にさせて頂いております。
ただし、当院に定期通院されている患者さまのお子様に関しては応相談です。
【接種回数】
1才以上13才未満の方は2回接種
13才以上の方は原則1回接種(希望者は2回接種可能)
【料金】
1回目:
13才以上の方 4,000円
満1才~13才未満の方 1,140円(2,500円-1,360円(助成))
※小児は神戸市から助成が受けられます。(年によって助成が変動します。)
2回目:
13才以上の方 3,000円(1回目が当院による接種の場合)
満1才~13才未満の方 2,000円

インフルエンザワクチン接種は重症化予防に重要です!

季節性インフルエンザは、ご高齢の方や慢性の病気(特に呼吸器疾患、心臓疾患、腎臓疾患、糖尿病など)に罹患されている患者さまは、インフルエンザにかかると肺炎を合併しやすいのが特徴です。重症化すると死に至るケースもあります。
また、まれですが、主に幼児や小児ではインフルエンザ脳炎・脳症など重篤な状態に陥るケースもあります。

ページトップに戻る