外食業の事業継続のためのガイドライン- なかじま内科(呼吸器内科・アレルギー科・循環器内科)

新型コロナウイルス感染症に
関するお知らせ

新患(初めて)の方

新型コロナウイルス感染流行期における
新患(初めて)の方の受付・診療について

6か月以上当院受診歴がない患者さまの受付・診療について
※原則として直接来院による受付は不可です
電話による問診で診療の可否を判断させて頂きます(まず電話をして下さい)

定期受診患者さまへの新型コロナウイルス感染に関する重要なお知らせ(随時更新)

すべての患者さまへ

厚生労働省は“発熱患者対応可能な医療機関”を定めて、今冬のインフルエンザ感染の同時流行に備えるとしています。しかし、一方で神戸市医師会等から新型コロナウイルスPCR検査・抗原検査はもちろんのことインフルエンザウイルス抗原検査などの咽頭や鼻腔から検体を採取する検査は、医療従事者・患者さま同士の感染リスクの観点から時間的/空間的動線分離が困難な場合は、無理して実施しないように勧告されております。当院では空間的動線分離が困難であり、多くの呼吸器疾患患者さまが定期受診しておられます。そのような当院の特性や病状が安定しておられる患者さまの安全に配慮する観点から、原則として新型コロナウイルス感染/インフルエンザ感染に関連した(検査を含めた)診療は不可とさせて頂いております。

定期受診患者さまの中で体調不良が続いており、受診の判断に迷っておられる場合は、受診前(診察時間内)に電話でご相談下さい問診を行い、当院で診療可能な状況と判断すれば、通常通りに受診して頂きます。問診にて新型コロナウイルス感染症やインフルエンザ感染が疑われる場合は、新型コロナウイルス感染症に対応可能な医療機関をご紹介させて頂きます。
※なお、診察が混み合っている場合は電話相談の返答に時間を要することがあります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。

受診時(院内に入る際)には必ずマスク着用をお願い致します。
(特に体調不良の方は可能な限り不織布マスク着用をお願い致します)

原則として、受診前に発熱(37.5℃以上)やこれまで経験したことのないような息苦しさ・強いだるさなどの強い症状のいずれの一つでも自覚している場合、絶対に連絡なしで直接当院への受診はお控え下さい(もし直接受診された場合には大変恐縮ですが、一度院外に出て頂き、インターホンまたは電話で対応させて頂きます)。

受診された患者さま全員に(無症状でも)、受付時に検温および職員から以下の問診をさせて頂きます。該当する場合は必ずお申し出下さい。診察までの待ち時間を 院内の別のスペースか院外でお待ち頂く(空間的動線分離)場合があります。
待合室でお待ち頂いている患者さま、ならびに職員の健康と安全に配慮する目的のため、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。

  1. 2週間以内に(職場・学校・家族・知人など)身近で新型コロナウイルス感染者が発生した方(患者さまご自身が濃厚接触者でなくても)
  2. 2週間以内に(職場・学校・家族・知人など)身近で体調を崩している方が複数人おられた
  3. 2週間以内の海外渡航歴/空港利用歴がある方
  4. 2週間以内に首都圏や新型コロナウイルス感染拡大地域に在住/出張/旅行しておられた方、およびそれらの地域にお住まいの方と(一緒に食事をしたなど)濃厚接触された方
  5. クラスターが発生した施設(病院・介護施設・飲食店など)へ直近2週間以内に行かれた
    (例:10日間前にクラスターが発生した○○病院へ1週間前に定期受診した)
  6. 2週間以内に同居ご家族以外の複数人による会食・飲み会・旅行へ行かれた
  7. 2週間以内に劇場・ライブハウス・カラオケ店(昼カラオケを含む)・メイドカフェ・スナック・ナイトクラブ・接待を伴う飲食店など過去にクラスターが発生したことのある業種店舗に行かれた方およびその従業員(バイトも含む)の方
  8. 新型コロナウイルス感染症罹患後に軽快退院、自宅療養2週間が経過していない

新患(初めて)の方の
受付について

国内のみならず世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大している現状に鑑みて、定期受診されている患者さま ならびに従業員の健康と安全に配慮し、1月末から実施している新患受付の休止を当分の間継続致します。
なお、再開は新型コロナウイルスの感染状況や行政当局からの情報を見極めたうえで検討致します。

再診の方は通常通りです。

現在、新患受付の休止を当分の間継続しております。

阪神御影駅北出口より徒歩2分

阪神御影駅北出口より徒歩2分

電話078-851-1857

診療案内

  1. トップ>
  2. 外食業の事業継続のためのガイドライン

「新型コロナウイルス感染症対策の
基本的対処方針」(改正)に基づく外食業の事業継続のためのガイドライン

2020年5月14日
一般社団法人 日本フードサービス協会
一般社団法人 全国生活衛生同業組合中央会

※ポイントを一部抜粋して掲載

3.お客様の安全

1.入店時

  • 店舗入口には、発熱や咳など異常が認められる場合は店内飲食をお断りさせていただく旨を掲示する。また、店舗入り口や手洗い場所には、手指消毒用に消毒液(消毒用アルコール等)を用意する。
  • 店舗入口及び店内に、食事中以外はマスクの着用をお願いする旨掲示する。
  • 飛沫感染・接触感染を防止するために十分な間隔をとることが重要であることをお客様に理解してもらい、店内が混み合う場合は入店を制限する。

2.客席への案内

  • テーブルは、飛沫感染予防のためにパーティションで区切るか、できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けて横並びで座れるように配置を工夫し、カウンター席は密着しないように適度なスペースを空ける。
  • 真正面の配置を避けるか、またテーブル上に区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫する。
  • グループ間の安全を確保するために、他のグループとはできるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空け、会話は控えめにし、BGMを聞くなどを勧めることを検討する。

3.テーブルサービスとカウンターサービス

  • テーブルサービスで注文を受けるときは、お客様の側面に立ち、可能な範囲で間隔を保つ。
  • カウンターでは、お客様と従業員の会話の程度に応じ、従業員のマスク着用のほか、仕切りの設置など工夫する。
  • 個室を使用する場合は、十分な換気を行う

2020年10月20日