新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

新患(初めて)の方へ

新型コロナウイルス感染流行期における
新患の方の受付・診療について

すべての患者さまへ

受診時(院内に入る際)には必ずマスク着用をお願い致します。
(特に体調不良の方は可能な限り不織布マスク着用をお願い致します)

当院では空間的動線分離が困難で、多くの呼吸器疾患患者さまが定期受診しておられます。当院の特性や病状が安定しておられる患者さまの安全に配慮する観点から、原則として新型コロナウイルス感染/インフルエンザ感染に関連した(PCR検査・抗原検査を含めた)診療は不可とさせて頂いております。

原則として、受診前に発熱(37.5℃以上)やこれまで経験したことのないような息苦しさ・強いだるさなどの強い症状のいずれの一つでも自覚している場合、まず電話でご連絡下さい
絶対に連絡なしで直接当院への受診はお控え下さい。(もし直接受診された場合には大変恐縮ですが、一度院外に出て頂き、インターホンまたは電話で対応させて頂くことがあります)

新患(初めて)の方の受付について

国内のみならず世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大している現状に鑑みて、定期受診されている患者さま ならびに従業員の健康と安全に配慮し、1月末から実施している新患受付の休止を当分の間継続致します。
なお、再開は新型コロナウイルスの感染状況や行政当局からの情報を見極めたうえで検討致します。

再診の方は通常通りです。

現在、新患受付の休止を当分の間継続しております。

閉じる

長引く咳でお悩みの方、神戸市東灘区 御影駅の咳専門クリニック なかじま内科(呼吸器内科・アレルギー科・循環器内科)

阪神御影駅北出口より徒歩2分

阪神御影駅北出口より徒歩2分

電話078-851-1857

 

長引く咳に対するハイレベルな診療長引く咳に対するハイレベルな診療

お知らせ

2021/10/18
【インフルエンザワクチン接種 開始のお知らせ】
10月18日からインフルエンザワクチン接種を開始しました。
今シーズンは全国的にワクチン供給量が少ない(昨年比8割程度)ため、在庫がなくなり次第、予約受付を終了します。
ご希望の方は早めに予約をご検討ください。
なお、供給量が少ないことから、まずは定期通院患者さま(および同居家族の方)の優先予約とさせて頂いております。
一般の方でご希望の方は、恐れ入りますが11月1日以降にお問い合わせ下さい。
 
2021/8/19
【新型コロナウイルス抗体検査についてのお知らせ】
新型コロナウイルス抗体量検査を行っております。(予約不要)
 詳しくはこちら >>
2021/3/1
【英論文採択のお知らせ】
院長はクリニック単独研究あるいは神戸大学医学部附属病院呼吸器内科との共同研究を行い、その成果が認められ、 2020年秋~2021年春までに3つの英論文が採択されました。
いずれも世界約70カ国、約5,000誌以上の文献を検索できる、医学・生物学文献データベースのPubMedに掲載されています。
コロナ禍ですが、これからも最新でより良い喘息・COPD診療が提供できるように日々頑張って参ります。
詳しくはこちら >>
2021/2/26
【気管支喘息(喘息)に関するのお知らせ】
気管支喘息(喘息)ページに「吸入療法を効果的に行うために」を追加しました。
 詳しくはこちら >>
2020/10/26
【新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ】
「新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ」の内容を更新いたしました。また「飛沫感染とマスクの重要性を事例や論文から学ぶ」「外食業の事業継続のためのガイドライン」についてページを新設いたしました。
「新型コロナウイルス感染に関する重要なお知らせ」
詳しくはこちら >>
「新患(初めて)の方の受付について」
詳しくはこちら >>
「飛沫感染とマスクの重要性を事例や論文から学ぶ」
詳しくはこちら >>
「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(改正)に基づく外食業の事業継続のためのガイドライン
詳しくはこちら >>
2020/4/11
【待合室の入室人数制限のお知らせ】
現在、新型コロナウイルス感染の拡大状況に鑑み、密集を避けるために待合室内の人数制限を致しております。
原則として
待合室の座席使用は間隔をあけての10人未満とさせて頂いております。※高齢者や身体障害者優先にご協力下さい
なお、座席が埋まっている際には、大変恐縮ですが受付後に一旦外出して頂き、
座席が空いたり・診察の順番がまわって来る直前に、スタッフから患者さまの携帯電話へお知らせいたします
何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。
2020/3/7
【喘息(ぜんそく)患者さまへ新型コロナウイルス感染に関する重要なお知らせ】
一般社団法人 日本アレルギー学会から(2月14日付)発表された「新型コロナウイルス感染における気管支喘息患者への対応Q&A(医療従事者向け)」の中で、以下のように述べられています(一部抜粋)。
(問1) 気管支喘息は重症化のリスク因子となりますか?(答え) 喘息患者が新型コロナウイルス感染症に罹患した場合、喘息増悪をきたし、それに伴って呼吸不全が重症化する危険性が考えられます。
(問2) 気管支喘息患者で感染前にどのような対応が必要ですか? (答え) ウイルス感染による気管支炎が生じると、重症化するリスクが高いと考えられます。 従って、気管支喘息患者では気道炎症を抑えるために、吸入ステロイド薬等の長期管理薬による日頃からのコントロールが重要です。
2020/2/7
【スタッフ募集】
なかじま内科では、スタッフを募集しています。以下のサイトより、ぜひご応募ください。
詳しくはこちら >>
2020/1/30
【喘息治療薬の全国web講演会で講演しました】
レルベア web講演会 ~24-hour world 良好な喘息コントロールを実現するために~(2020年1月23日(木)) に神戸大学医学部附属病院 呼吸器内科 教授 西村善博 教授とともに出演し、講演しました。視聴者は全国約3,000名でした。
2019/9/27
【喘息研究会で講演しました】
プライマリケア医の為の喘息セミナー(2019年9月26日(木);ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド) にて、「最近の咳喘息診療について~診療所における症例提示を交えて~」を講演しました。(座長:神戸大学医学部附属病院 呼吸器内科 教授 西村善博 先生)
2019/8/5
【第18回 MostGraph 臨床研究会に参加】
第18回 MostGraph 臨床研究会(2019年8月3日:ステーションコンファレンス東京)に参加しました。(喘息やCOPDの診療に使用されている呼吸抵抗検査装置(MostGraph:チェスト株式会社)に関する研究会で、全国から呼吸器専門医が参加する年2回開催の研究会です。)
2019/2/10
【Meet the Expert in KYOTOに参加】
Meet the Expert in KYOTO(2019年2月8日:京都)に参加しました。エアロゾル療法と吸入薬の世界的な権威のDr. Ommar Usmaniを特別講師に迎えて開催された喘息研究会で、関西圏から選抜された呼吸器専門医が参加しました。
2018/10/21
【第20回日本咳嗽学会学術集会に参加】
第20回日本咳嗽学会学術集会(10月20日:東邦大学医療センター大森病院(東京都大田区))に参加しました。(日本咳嗽学会は全国から咳嗽専門医が一堂に会する年1回の学会です。院長は過去第1回、第16回に演題発表しました。)
2018/10/7
【喘息研究会で講演しました】
Scientific Exchange Meeting in Osaka GP 2018(2018年10月6日(土);ヒルトン大阪) にて、「患者に合わせた咳嗽診療~診療所における長引く咳の診療方法とその実際~」を講演しました。
2018/7/14
【肺炎球菌ワクチンについて講演しました】
兵庫県肺炎球菌ワクチンセミナー(2018年7月12日(木);ホテルオークラ神戸) にて、「当院における肺炎球菌ワクチン推奨と接種の実際」を講演しました。
2018/4/21
【製薬会社で講演しました】
杏林製薬株式会社 社内研修会(2018年4月19日(木);神戸) にて、「フルティフォームの気管支喘息に対する情報提供について」を講演しました。
2018/2/26
【市民講座で講演しました】
第24回「アレルギー週間」市民公開講座(2018年2月25日(日):兵庫県民会館11階パルテホール) にて、「長引く『せき』からの早期解放を目指して!~せき喘息など原因の見極めが重要です~」を講演しました。
2017/10/31
奥さま手帳2017年11月号の特集ページ「クリニックファイル」長引くセキについてのQ&Aに、院長が回答しました。
詳しくはこちら >>
2017/9/29
【喘息研究会で講演しました】
「第2回 これからの喘息治療を考える会」(2017年9月28日:加古川商工会議所)にて「咳嗽診療について見直しませんか?~咳喘息を中心に~」を講演しました。加古川市内およびその周辺地域における喘息診療に対して熱心な開業医・勤務医の先生方が多数参加されました。講演後、演者、座長、会場の医師の間で活発な議論があり、大盛況でした。
2017/7/28
【内科研究会で講演しました】
「第15回東灘平成内科倶楽部」(2017年7月27日:ホテルプラザ神戸)にて
「咳嗽診療における最近の話題~咳喘息と胃食道逆流症について~」 を講演しました。
東灘区で勤務しておられる内科医にお集まり頂き、活発な討論が行われました。
2017/7/7
【製薬会社 社内講演会で講演】
2017年7月6日:武田薬品工業株式会社 神戸支店 神戸営業所で開催された社内講演会で、「咳嗽診療から考える胃食道逆流症~咳喘息との関連を中心に~」を講演しました。
2017/6/5
【喘息研究会に参加】
2017年6月1日:ANAクラウンプラザホテル神戸で開催された 「第2回呼気NOについて考える会」に出席しました。
「パネルディスカッション(座長:深堀 隆 先生)」のパネリストとして、院長が保澤 総一郎 先生(広島アレルギー呼吸器クリニック 院長)、大西 尚 先生(明石医療センター 副院長)とともに討論に参加しました。
喘息に興味をもっておられる医師が多数参加し、大盛況でした。
2017/3/2
【神戸市東部認知症連携協議会 運営委員会に出席】
2017年3月2日:六甲アイランド甲南病院内で開催されました「第2回 神戸市東部認知症連携協議会 運営委員会」に出席しました。
①「認知症初期集中支援事業」、②「改正道路交通法(高齢者対策)」(3月12日施行)など様々な議題について議論しました。
2017/2/20
【喘息検査機器:新機種導入のお知らせ】
呼気NO濃度測定検査が新機種に変わりました。
これまで以上に検査が受けやすくなりました。気管支喘息のページをご覧ください。
2017/2/10
【製薬会社 社内勉強会で講演】
2017年2月9日:杏林製薬株式会社 神戸第一営業所で開催された同社社内勉強会で、演題「喘息における最近の話題~咳喘息を中心に~」を講演しました。
2017/2/6
【認知症サポート医研修会に参加】
2017年2月4日:兵庫県立のじぎく会館で開催された「第6回神戸市認知症サポート医等フォローアップ研修」に参加しました。
2017/2/3
【内科研究会に参加】
2017年2月2日:ホテルプラザ神戸で開催された 院長が代表世話人を務めている「第14回東灘平成内科倶楽部」に参加しました。
特別講演「高齢者糖尿病治療のポイント」 演者:東神戸病院 内科 大槻智子 先生
2016/12/10
【兵庫県内科医会に出席しました】
2016年12月10日「兵庫県内科医会:内科領域に関する保険懇談会」に出席しました。①内閣府規制改革会議より指摘されている“審査”について、②在宅医療について、③いろいろと規制がつけられてきている投薬等の適応について など懇談が行われました。
2016/11/17
【喘息研究会(小野市)で講演しました】
「北播磨 喘息を勉強しよう会」(2016年11月17日:小野市うるおい交流館エクラ)にて「症例から学ぶクリニックにおける咳嗽診療~咳喘息を中心に~」を講演しました。小野市・三木市・加西市など北播磨地域の喘息診療に対して熱心な開業医の先生方が多数参加されました。
2016/11/3
【ひがしなだふれあいフェスタ2016に出務】
ひがしなだふれあいフェスタ2016(主催:東灘区役所・社会福祉法人 神戸市東灘区社会福祉協議会:11月3日;住吉公園)「COPD健康相談」に東灘区医師会からの要請で出務しました。肺年齢を測定し、健康相談により禁煙外来へつなげるCOPDへ至るリスクを軽減する目的で実施され、好天のもとで盛況で終了いたしました。
2016/10/29
【第18回日本咳嗽研究会に参加】
第18回日本咳嗽研究会(10月29日:KKR京都くに荘)に参加しました。(日本咳嗽研究会は全国から咳嗽専門医が一堂に会する年1回の研究会です。院長は過去第1回、第16回に演題発表しました。)
2016/9/30
【喘息専門医が集う講演会で講演しました】
Scientific Exchange Meeting in Kobe 2016(2016年9月30日:ラ・スイート神戸)にて「咳嗽・喘息診断におけるFeNO検査の活用の現状と課題」を講演しました。(総合座長:神戸大学医学部附属病院 呼吸器内科 特命教授 西村善博 先生)
2016/9/25
【認知症サポート医養成研修 修了】
平成28年度 第3回認知症サポート医養成研修(厚生労働省 地域医療支援事業)(9月24日~25日:国立京都国際会館)を修了しました。

新患(初めて)の方の
受付・診療について

長引く咳はコロナ後遺症だと
思っていたら、実は…

神戸で唯一の咳専門クリニック、ハイレベルな呼吸器・アレルギー診療神戸で唯一の咳専門クリニック、ハイレベルな呼吸器・アレルギー診療

なかじま内科では、呼吸器・アレルギー疾患(咳喘息・気管支喘息・アレルギー性鼻炎・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・睡眠時無呼吸症候群(睡眠障害)など)に対して、専門性の高い診療を行っております。特に長引く咳喘息に対してハイレベルな診療を提供しております。

なかじま内科 6つの特徴

咳嗽(がいそう)専門クリニック ハイレベルな咳嗽診療を提供

咳嗽・喀痰の診療ガイドライン-2019-

院長咳嗽診療のスペシャリストです。日本咳嗽学会に所属しており、同学会学術集会で過去2回の演題発表経験があります。咳に関する教科書である『咳嗽・喀痰の診療ガイドライン-2019-(日本呼吸器学会 発刊)』で、現在の日本における“咳喘息”診療の基となっており、世界中から集められた45論文のうちの1つは、院長が手掛けた論文です。

咳外来について

  • 気管支喘息
  • 長引く咳

開業医になり10年以上が経過しましたが、初心を忘れずにこれからも最新でより良い咳嗽(がいそう)・喘息診療が提供できるように、日々臨床研究も頑張っております。

院長はクリニック単独研究あるいは神戸大学医学部附属病院呼吸器内科との共同研究を行い、その成果が認められ、2020年秋~2021年春までに3つの英論文が採択されました
いずれも世界約70カ国、約5,000誌以上の文献を検索できる、医学・生物学文献データベースのPubMedに登録されています。

①は咳を主症状とする喘息において、後鼻漏症状が治療成績に与える影響を調べた呼吸器内科と耳鼻咽喉科の両領域に亘って行った重要な研究です。
②~③は咳喘息/気管支喘息治療の根幹である吸入療法において、患者さまの病状をより良くするために不可欠な“吸入指導”に関する論文です。

  1. Retrospective Study of the Effects of Post-nasal Drip Symptoms on Cough Duration. in vivo. Takeo Nakajima, Tatsuya Nagano, Yoshihiro Nishimura. May 2021, 35 (3) 1799-1803.
  2. A Questionnaire Survey of the Inhalation Instruction in Pharmacies. Takeo Nakajima, Tatsuya Nagano et al. Kobe J. Med. Sci. 2020; 66(3), E113-E118.
  3. Retrospective analysis of the effect of inhaler education on improvements in inhaler usage. Masahiro Katsurada, Tatsuya Nagano, Takeo Nakajima et al. Respiratory Investigation. 2021; 59: 312-319.

呼吸器・アレルギー専門クリニック 専門的な呼吸器・アレルギー診療を提供

院長は呼吸器専門医、アレルギー専門医です。“喘息”や“アレルギー性鼻炎”を代表とするアレルギー疾患、喫煙(タバコ)によって起こる“COPD(慢性閉塞性肺疾患)”、生活習慣病と密接な関係を持つ“睡眠時無呼吸症候群”に対して専門性の高い診療を提供します。

また、患者さまに質の高い診療を提供するために、現在も最新の医学技術・知識を追及しており、定期的に講演会や学会で講演・発表などの活動を行っております。

呼吸器の病気について

アレルギーの病気について

  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • アレルギー性鼻炎・花粉症
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)

新型コロナウイルスの感染対策の取り組み 3密を回避して院内感染を発生させない最大限の努力

コロナ禍において院内感染リスクを出来る限り減らし、患者さまに安心して通院して頂き、より良い診療を提供する環境を整えています。

院長・職員へのワクチン接種完了
患者さまが安心して診療を受けて頂けるように、院長・職員全員が2回のワクチン接種を済ませております(2021年6月末時点)。
① 待合室の入室人数制限(密集の回避)
・待合室の収容人数を減らしてソーシャルディスタンスを確保
・受付後の一時外出可能(診察の順番がまわって来る直前に電話でお知らせ)
② 診察時間の短縮(密接の回避)
・診察に時間がかかる新患患者さまの人数制限により診療待ち時間を短縮
③ 換気の徹底(密閉の回避)

常時換気を行っております。

・院内診療・待合スペースに設置している全8台の換気扇を常時稼働
・診察室・待合室・検査室の窓を常時開放
・空気の循環をより良くするために一部にサーキュレーターを併用
④ 受診された患者さま全員に検温および
新型コロナウイルス感染に関する問診

検温

・待合室でお待ち頂いている患者さまならびに職員の健康と安全に配慮する目的です
⑤ 職員の体調管理の徹底
院長および従業員の検温を毎日実施
・体調不良者は早めに休みを取り自宅療養

新型コロナウイルス感染に関する
重要なお知らせ

すべての患者さまへ

  • 当院では空間的動線分離が困難で、多くの呼吸器疾患患者さまが定期受診しておられます。当院の特性や病状が安定しておられる患者さまの安全に配慮する観点から、原則として新型コロナウイルス感染/インフルエンザ感染に関連した(PCR検査・抗原検査を含めた)診療は不可とさせて頂いております。
  • 定期受診患者さまの中で体調不良が続いており、不安を感じている場合や医療機関への受診の判断に迷っておられる場合は、お気軽に電話でご相談下さい(診療時間内にお願い致します)問診を行い、地域の感染状況などを考慮し、医療機関受診の必要性などを判断させて頂きます。
    例えば、①自宅療養(経過観察)の可否、②当院への受診推奨、③新型コロナウイルス感染症やインフルエンザ感染が疑われる場合は、新型コロナウイルス感染症に対応可能な医療機関へのご紹介。
    ※なお、診察が混み合っている場合は電話相談の返答に時間を要することがあります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。
  • 受診時(院内に入る際)には必ずマスク着用をお願い致します。
    (特に体調不良の方は可能な限り不織布マスク着用をお願い致します)
  • 原則として、受診前に発熱(37.5℃以上)やこれまで経験したことのないような息苦しさ・強いだるさなどの強い症状のいずれの一つでも自覚している場合、まず電話でご連絡下さい
    絶対に連絡なしで直接当院への受診はお控え下さい(もし直接受診された場合には大変恐縮ですが、一度院外に出て頂き、インターホンまたは電話で対応させて頂くことがあります)。
  • 受診された患者さま全員に(無症状でも)、受付時に検温および職員から以下の問診をさせて頂きます。該当する場合は必ずお申し出下さい。診察までの待ち時間を院内の別のスペースか院外でお待ち頂く(空間的動線分離)場合があります。
    待合室でお待ち頂いている患者さま、ならびに職員の健康と安全に配慮する目的のため、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。

下記に該当する場合、
お申し出ください

  1. 1週間以内に(職場・学校・家族・知人など)身近で新型コロナウイルス感染者が発生した方(患者さまご自身が濃厚接触者でなくても)
  2. 1週間以内に(職場・学校・家族・知人など)身近で体調を崩している方が複数人おられた
  3. 1週間以内首都圏や新型コロナウイルス感染拡大地域に在住/出張/旅行しておられた方、またはそれらの地域にお住まいの方と(一緒に食事をしたなど)濃厚接触された方
  4. クラスターが発生した施設(病院/介護施設・飲食店など)へ直近1週間以内に行かれた
    (例:5日前にクラスターが発生した○○病院へ1週間前に定期受診した)
  5. 1週間以内同居ご家族以外の複数人による会食・飲み会・旅行へ行かれた
  6. 1週間以内劇場・ライブハウス・カラオケ店(昼カラオケを含む)・メイドカフェ・スナック・ナイトクラブ・接待を伴う飲食店など過去にクラスターが発生したことのある業種店舗に行かれた方およびその従業員(バイトも含む)の
  7. 2週間以内海外渡航歴/空港利用歴がある方
  8. 新型コロナウイルス感染症罹患後
    有症状者の場合:発症から14日以上経過していない方
    無症状者の場合:検査から14日以上経過していない方

地域医療 地元に根付いた“かかりつけ医”を実践しています

“なかじま内科”(昭和47年開院)は親子2代にわたって、神戸市東灘区・灘区における“かかりつけ医”を実践しており、これからも“地域医療”に貢献できるよう努力をおこなっています。また、高齢化社会において重要なテーマである“在宅医療”や“認知症”に対して、積極的に関わっています。

当院は定期訪問診療・往診が可能で(原則、当院定期通院患者さまに限ります)、院長は認知症サポート医(厚生労働省 認知症地域医療支援事業)です。

病診連携 近隣(東灘区・灘区・中央区など)病院との強い連携

院長は医師になってからほとんどの時間を地元神戸の地で過ごしており、神戸市内における各専門分野の病院や、その専門医とのつながりを大切にし、病診連携をスムーズに行っております。

総合内科専門医 安心できる内科・循環器内科診療を提供

院長は総合内科専門医です。死亡原因疾患3大疾病のうち、癌を除く2大疾病である心臓病や脳血管障害の予防を目的として、高血圧・脂質異常症(高脂血症)・肥満(メタボリックシンドローム)・糖尿病・高尿酸血症(痛風)などの生活習慣病に対して適切な診療を提供しています。

特に院長は日本循環器学会に所属しており、出身医局が神戸大学医学部 旧 第一内科学講座(現在の循環器内科学講座・呼吸器内科学講座)であり、勤務医時代から心臓病(不整脈・狭心症・心不全)に対する診療に多く携わっています。

心臓の病気について