長引く咳でお悩みの方、神戸市東灘区 御影駅の咳専門クリニック- なかじま内科(呼吸器内科・アレルギー科・循環器内科)

新型コロナウイルス感染症に
関するお知らせ

新患(初めて)の方

新型コロナウイルス感染流行期における
新患(初めて)の方の受付・診療について

すべての患者さまへ

受診時(院内に入る際)には必ずマスク着用をお願い致します。
(特に体調不良の方は可能な限り不織布マスク着用をお願い致します)

当院では空間的動線分離が困難で、多くの呼吸器疾患患者さまが定期受診しておられます。当院の特性や病状が安定しておられる患者さまの安全に配慮する観点から、原則として新型コロナウイルス感染/インフルエンザ感染に関連した(PCR検査・抗原検査を含めた)診療は不可とさせて頂いております。

原則として、受診前に発熱(37.5℃以上)やこれまで経験したことのないような息苦しさ・強いだるさなどの強い症状のいずれの一つでも自覚している場合、まず電話でご連絡下さい
絶対に連絡なしで直接当院への受診はお控え下さい(もし直接受診された場合には大変恐縮ですが、一度院外に出て頂き、インターホンまたは電話で対応させて頂くことがあります)。

新患(初めて)の方の
受付について

国内のみならず世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大している現状に鑑みて、定期受診されている患者さま ならびに従業員の健康と安全に配慮し、1月末から実施している新患受付の休止を当分の間継続致します。
なお、再開は新型コロナウイルスの感染状況や行政当局からの情報を見極めたうえで検討致します。

再診の方は通常通りです。

現在、新患受付の休止を当分の間継続しております。

阪神御影駅北出口より徒歩2分

阪神御影駅北出口より徒歩2分

電話078-851-1857

 

長引く咳に対するハイレベルな診療長引く咳に対するハイレベルな診療

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

新患(初めて)の方

新型コロナウイルス感染流行期における
新患(初めて)の方の受付・診療について

すべての患者さまへ

受診時(院内に入る際)には必ずマスク着用をお願い致します。
(特に体調不良の方は可能な限り不織布マスク着用をお願い致します)

当院では空間的動線分離が困難で、多くの呼吸器疾患患者さまが定期受診しておられます。当院の特性や病状が安定しておられる患者さまの安全に配慮する観点から、原則として新型コロナウイルス感染/インフルエンザ感染に関連した(PCR検査・抗原検査を含めた)診療は不可とさせて頂いております。

原則として、受診前に発熱(37.5℃以上)やこれまで経験したことのないような息苦しさ・強いだるさなどの強い症状のいずれの一つでも自覚している場合、まず電話でご連絡下さい
絶対に連絡なしで直接当院への受診はお控え下さい(もし直接受診された場合には大変恐縮ですが、一度院外に出て頂き、インターホンまたは電話で対応させて頂くことがあります)。

新患(初めて)の方の受付について

国内のみならず世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大している現状に鑑みて、定期受診されている患者さま ならびに従業員の健康と安全に配慮し、1月末から実施している新患受付の休止を当分の間継続致します。
なお、再開は新型コロナウイルスの感染状況や行政当局からの情報を見極めたうえで検討致します。

再診の方は通常通りです。

現在、新患受付の休止を当分の間継続しております。

神戸で唯一の咳専門クリニック、ハイレベルな呼吸器・アレルギー診療神戸で唯一の咳専門クリニック、ハイレベルな呼吸器・アレルギー診療

なかじま内科では、呼吸器・アレルギー疾患(咳喘息・気管支喘息・アレルギー性鼻炎・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・睡眠時無呼吸症候群(睡眠障害)など)に対して、専門性の高い診療を行っております。特に長引く咳喘息に対してハイレベルな診療を提供しております。

遷延性・慢性咳嗽(長引く咳)診療において
MostGraphFeNO測定(一酸化窒素ガス分析)と合わせて検査することにより、
喘息性咳嗽の診断がより確実なものになります。(1)

文献(1) 咳嗽診療における呼気中NOとモストグラフの有用性の検討. 市川裕久ら.
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌. 2015, 25(2):253-257.

なかじま内科 6つの特徴

咳嗽(がいそう)専門クリニック ハイレベルな咳嗽診療を提供

咳嗽・喀痰の診療ガイドライン-2019-

院長咳嗽診療のスペシャリストです。日本咳嗽学会に所属しており、同学会学術集会で過去2回の演題発表経験があります。咳に関する教科書である『咳嗽・喀痰の診療ガイドライン-2019-(日本呼吸器学会 発刊)』で、現在の日本における“咳喘息”診療の基となっており、世界中から集められた45論文のうちの1つは、院長が手掛けた論文です。

咳外来について >>

  • 気管支喘息
  • 長引く咳

開業医になり10年以上が経過しましたが、初心を忘れずにこれからも最新でより良い咳嗽(がいそう)・喘息診療が提供できるように、日々臨床研究も頑張っております。

院長はクリニック単独研究あるいは神戸大学医学部附属病院呼吸器内科との共同研究を行い、その成果が認められ、2020年秋に2つの英論文が採択されました
いずれも世界約70カ国、約5,000誌以上の文献を検索できる、医学・生物学文献データベースのPubMedに登録中です。
2論文は咳喘息/気管支喘息治療の根幹である吸入療法において、患者さまの病状をより良くするために不可欠な“吸入指導”に関する論文です。

  1. A Questionnaire Survey of the Inhalation Instruction in Pharmacies. Takeo Nakajima, Tatsuya Nagano et al. Kobe J. Med. Sci. 2020; 66(3), E113-E118.
  2. Retrospective analysis of the effect of inhaler education on improvements in inhaler usage. Masahiro Katsurada, Tatsuya Nagano, Takeo Nakajima et al. Respiratory Investigation Available online 23 October 2020.

呼吸器・アレルギー専門クリニック 専門的な呼吸器・アレルギー診療を提供

院長は呼吸器専門医、アレルギー専門医です。“喘息”や“アレルギー性鼻炎”を代表とするアレルギー疾患、喫煙(タバコ)によって起こる“COPD(慢性閉塞性肺疾患)”、生活習慣病と密接な関係を持つ“睡眠時無呼吸症候群”に対して専門性の高い診療を提供します。

また、患者さまに質の高い診療を提供するために、現在も最新の医学技術・知識を追及しており、定期的に講演会や学会で講演・発表などの活動を行っております。

呼吸器の病気について >>

アレルギーの病気について >>

  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • アレルギー性鼻炎・花粉症

新型コロナウイルスの感染対策の取り組み 3密を回避して院内感染を発生させない最大限の努力

コロナ禍において院内感染リスクを出来る限り減らし、患者さまに安心して通院して頂き、より良い診療を提供する環境を整えています。

① 待合室の入室人数制限(密集の回避)
・待合室の収容人数を減らしてソーシャルディスタンスを確保
・受付後の一時外出可能(診察の順番がまわって来る直前に電話でお知らせ)
② 診察時間の短縮(密接の回避)
・診察に時間がかかる新患患者さまの人数制限により診療待ち時間を短縮
③ 換気の徹底(密閉の回避)

常時換気を行っております。

・院内診療・待合スペースに設置している全8台の換気扇を常時稼働
・診察室・待合室・検査室の窓を常時開放
・空気の循環をより良くするために一部にサーキュレーターを併用
④ 受診された患者さま全員に検温および
新型コロナウイルス感染に関する問診

検温

・待合室でお待ち頂いている患者さまならびに職員の健康と安全に配慮する目的です
⑤ 職員の体調管理の徹底
院長および従業員の検温を毎日実施
・体調不良者は早めに休みを取り自宅療養

新型コロナウイルス感染に関する
重要なお知らせ >>

すべての患者さまへ

  • 当院では空間的動線分離が困難で、多くの呼吸器疾患患者さまが定期受診しておられます。当院の特性や病状が安定しておられる患者さまの安全に配慮する観点から、原則として新型コロナウイルス感染/インフルエンザ感染に関連した(PCR検査・抗原検査を含めた)診療は不可とさせて頂いております。
  • 定期受診患者さまの中で体調不良が続いており、不安を感じている場合や医療機関への受診の判断に迷っておられる場合は、お気軽に電話でご相談下さい(診療時間内にお願い致します)問診を行い、地域の感染状況などを考慮し、医療機関受診の必要性などを判断させて頂きます。
    例えば、①自宅療養(経過観察)の可否、②当院への受診推奨、③新型コロナウイルス感染症やインフルエンザ感染が疑われる場合は、新型コロナウイルス感染症に対応可能な医療機関へのご紹介。
    ※なお、診察が混み合っている場合は電話相談の返答に時間を要することがあります。何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。
  • 受診時(院内に入る際)には必ずマスク着用をお願い致します。
    (特に体調不良の方は可能な限り不織布マスク着用をお願い致します)
  • 原則として、受診前に発熱(37.5℃以上)やこれまで経験したことのないような息苦しさ・強いだるさなどの強い症状のいずれの一つでも自覚している場合、まず電話でご連絡下さい
    絶対に連絡なしで直接当院への受診はお控え下さい(もし直接受診された場合には大変恐縮ですが、一度院外に出て頂き、インターホンまたは電話で対応させて頂くことがあります)。
  • 受診された患者さま全員に(無症状でも)、受付時に検温および職員から以下の問診をさせて頂きます。該当する場合は必ずお申し出下さい。診察までの待ち時間を院内の別のスペースか院外でお待ち頂く(空間的動線分離)場合があります。
    待合室でお待ち頂いている患者さま、ならびに職員の健康と安全に配慮する目的のため、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い致します。

下記に該当する場合、
お申し出ください

  1. 1週間以内に(職場・学校・家族・知人など)身近で新型コロナウイルス感染者が発生した方(患者さまご自身が濃厚接触者でなくても)
  2. 1週間以内に(職場・学校・家族・知人など)身近で体調を崩している方が複数人おられた
  3. 1週間以内首都圏や新型コロナウイルス感染拡大地域に在住/出張/旅行しておられた方、およびそれらの地域にお住まいの方と(一緒に食事をしたなど)濃厚接触された方
  4. クラスターが発生した施設(病院/介護施設・飲食店など)へ直近1週間以内に行かれた
    (例:5日前にクラスターが発生した○○病院へ1週間前に定期受診した)
  5. 1週間以内同居ご家族以外の複数人による会食・飲み会・旅行へ行かれた
  6. 1週間以内劇場・ライブハウス・カラオケ店(昼カラオケを含む)・メイドカフェ・スナック・ナイトクラブ・接待を伴う飲食店など過去にクラスターが発生したことのある業種店舗に行かれた方およびその従業員(バイトも含む)の
  7. 2週間以内海外渡航歴/空港利用歴がある方
  8. 新型コロナウイルス感染症罹患後
    有症状者の場合:発症から10日以上経過していない方
    無症状者の場合:検査から10日以上経過していない方

地域医療 地元に根付いた“かかりつけ医”を実践しています

“なかじま内科”(昭和47年開院)は親子2代にわたって、神戸市東灘区・灘区における“かかりつけ医”を実践しており、これからも“地域医療”に貢献できるよう努力をおこなっています。また、高齢化社会において重要なテーマである“在宅医療”や“認知症”に対して、積極的に関わっています。

当院は定期訪問診療・往診が可能で(原則、当院定期通院患者さまに限ります)、院長は認知症サポート医(厚生労働省 認知症地域医療支援事業)です。

病診連携 近隣(東灘区・灘区・中央区など)病院との強い連携

院長は医師になってからほとんどの時間を地元神戸の地で過ごしており、神戸市内における各専門分野の病院や、その専門医とのつながりを大切にし、病診連携をスムーズに行っております。

総合内科専門医 安心できる内科・循環器内科診療を提供

院長は総合内科専門医です。死亡原因疾患3大疾病のうち、癌を除く2大疾病である心臓病や脳血管障害の予防を目的として、高血圧・脂質異常症(高脂血症)・肥満(メタボリックシンドローム)・糖尿病・高尿酸血症(痛風)などの生活習慣病に対して適切な診療を提供しています。

特に院長は日本循環器学会に所属しており、出身医局が神戸大学医学部 旧 第一内科学講座(現在の循環器内科学講座・呼吸器内科学講座)であり、勤務医時代から心臓病(不整脈・狭心症・心不全)に対する診療に多く携わっています。

心臓の病気について >>